一棟まるまる不動産投資をしよう|空室対策を怠るな

個人のオーナーでも安心

お金

家賃債務保証会社は、借主が家賃を滞納したとき、借主の代わりに家賃を立て替え払いし、借主からその分の債務を回収します。家賃債務保証会社を利用すれば、連帯保証人を立てることが難しい入居者でも受け入れることができます。

More...

満室の維持を目指す

つみき

物件選びから不可欠な考え

不動産投資で利益を上げるためには利回りが高い物件を選んで投資することが大切です。部屋の数が多くて家賃も高くできるのが理想的であり、一棟マンションや一棟アパートは典型的な選択肢でしょう。規模が大きいほど維持管理にも費用がかかるのは確かですが、基本的には規模が大きいと家賃の総額は高くなると期待できます。しかし、気をつけておきたいのは利回りは満室を想定して計算していることが多いため、実際に得られる利益は空室率を考慮しなければなりません。不動産投資で利益を上げるための基本の考えとして満室を維持できるようにすることを念頭に置いておきましょう。一棟マンションなどを購入して不動産投資をするときには少しでも部屋数が多くて利回りが高い物を選んでしまうケースがあります。しかし、それを満室にできるほどの需要がなければ収入が少なくなり、マンションの維持に費用がかかってかえって損をする可能性もあるのです。そのため、物件選びの時点から満室にできると予想される部屋数の物件を選んだ方が良いでしょう。日常的にも基本的には満室を目指す方針で経営していくのが賢明であり、それ以上は望まずに安定した経営を維持できれば不動産投資で着実に利益を上げていくことができます。一棟マンションなどを購入した場合には特に不可欠な考えであり、入居希望者が減り始めたり、退居希望者が増え始めたりしたらできるだけ早く対策を練って満室を維持できるように努力しましょう。

賃貸経営の安定には不可欠

積み木

賃貸経営をしていく中で、社会的問題となっているのが家賃滞納や連帯保証人の確保などです。そんな問題を解決してくれるのが家賃保証会社です。家賃保証会社では、独自に審査を行い、家賃滞納をしないように相談の受付や指導なども行なってくれます。そうすることで、入居者によるトラブルの発生を軽減していくことができます。

More...

家を借り易くするには

男性

連帯保証人が見つけづらい中で、賃貸物件を借りやすくするには、賃貸保証会社を利用するのもひとつの手です。保証を受けるには審査に通る必要があるのですが、チエックされるポイントがカードの申し込みと似ているので注意が必要です。問題がなければ早くて1時間ほどで結果を知ることができます。

More...

To Top