一棟まるまる不動産投資をしよう|空室対策を怠るな

家を借り易くするには

男性

新しい保証の方法

賃貸物件を借りる場合、普通は借主の身分を証明する連帯保証人が必要となります。しかし、核家族化が進み人間関係が気薄になっている現状において、親族や会社の上司、友人といった当たり前にできた保証人探しが難しくなっています。そこで最近利用されているのが賃貸保証会社です。賃貸保証会社の役割は賃貸人と賃借人との間に入り、賃借人が家賃などの滞納を起こした場合に、代わりに賃貸人へ賃料などの弁済をする事です。後で賃借人は弁済された分をきっちり返さなければなりません。連帯保証人が立てられない人にとっては賃貸保証会社を利用する事で入居しやすくなるメリットがありますが、誰でも賃貸保証会社を利用できるとは限りません。そもそも賃貸保証会社は連帯保証人ではないという事に注意が必要です。賃貸保証会社を利用するには審査に通らなければなりませんが、添付する書類をきちんと揃えた上で必要な項目を書いて提出できていれば、早ければ1時間ほどで審査の結果が出ます。早く審査に通るにはしっかりと下準備をする事です。不備があればその分余計に時間がかかってしまいます。審査に必要となるポイントはクレジットカードを作る際の審査とよく似ています。つまり、十分に支払い能力がなければ、それだけで審査に通る可能性が低くなってしまいます。賃貸保証会社は家を借りたい人にとっては選択肢の幅を広げてくれますが、利用する場合はあくまで家を借りるための手段のひとつと思った方が良いです。

To Top