一棟まるまる不動産投資をしよう|空室対策を怠るな

賃貸経営の安定には不可欠

積み木

問題を解決する会社

最近の賃貸経営で問題になっていることが、入居者の家賃滞納が増えていることです。と同時に、家賃保証ができない連帯保証人が多くなっていることも問題となっています。この2つの問題の原因は共通しており、それは貧困です。格差社会と呼ばれて久しい日本ですが、貧困層が増えてしまっているため、この2つの問題が発生しているというわけです。そんな中、頭角を現したのが、家賃保証会社です。家賃保証をビジネスとしていますから、連帯保証人よりも高い信頼性があります。よって、入居の際には家賃保証会社との契約を義務としている賃貸物件は増えており、今後も増えることが予想されます。しかも、メリットは単に家賃保証だけではないのです。家賃保証会社は契約するにあたり、当然、審査を行います。賃貸経営者等が行う入居審査以外に、もう1つ審査が行われることになりますから、入居後のトラブル発生率が低くなるのです。また、家賃保証会社によっては、契約者からの相談を受け付けていたり、指導を行ったりしています。家賃保証会社は家賃保証をするといっても、実際のところ、契約者に家賃滞納をされては困るわけです。そのため、家賃を滞納しないようにする対策を独自に行っているのです。そして、このことも入居者のトラブル発生率を低くすることに大いに貢献することになります。このように家賃保証会社は賃貸経営の安定に深く関わる存在ですから、利用することは非常に有意義なことなのです。

To Top