一棟まるまる不動産投資をしよう|空室対策を怠るな

個人のオーナーでも安心

お金

人気のポイントとは

不動産投資の中でも、マンションなどの賃貸物件所有は、会社員の副業としてもできるので、たいへん人気があります。個人で賃貸物件のオーナーになるとき、一番心配になるのが、安定した家賃収入が得られるかどうかという点です。特に、家賃収入を他の事業の回転資金としている場合は、家賃収入が途切れることは大きなリスクとなります。賃貸物件において、借主の家賃滞納は、多くの不動産オーナーにとっての悩みです。不動産オーナー個人が、借主に対して家賃の督促を行うことは大きな負担となってしまいます。そういったリスクや負担を回避するため、最近の不動産賃貸契約では、家賃債務保証サービスを利用するケースが増えています。家賃債務保証サービス会社は、借主の連帯保証人の代わりのような役割をします。借主が家賃を滞納してしまったときには、家賃債務保証サービス会社が、その分をオーナーに支払うので、オーナーは、家賃滞納時でも不動産収入を確実に得ることができます。家賃債務保証サービス会社は、債務回収のプロフェッショナルなので、借主から立て替えた家賃と同じ分の債務を回収します。家賃債務保証サービス会社を利用すれば、連帯保証人を立てることが難しい高齢者や外国人など、様々な事情の入居者を低いリスクで受け入れることができるというメリットがあります。最近では、核家族化や高齢化の影響で、親族に連帯保証人を依頼できる人が減っているので、家賃債務保証サービスに対するニーズが高まっています。

To Top